上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
プードルのタイイングです。ハリはガマカツのC14-BV 14番を使用。このタイプのフライが上手く巻けますpudoru1.jpg
目印であるエアロドライウイングを立ち上げて、下に瞬間接着剤を垂らします。pudoru2.jpg
スレッドを下方に持って行って、黒のダビング材かピーコックでコブを作ります。pudoru3.jpg
無くてもいいが、目印の下にもダビングして、ハックルを取り付けます。pudoru4.jpg
ハックルを上から下に巻きます。このときにバイスを斜めにすると巻きやすいかもここでは、夏のイワナ釣りを想定し、8回以上ハックルを回転させています。pudoru5.jpg
スレッドを回して止め、アイでハーフヒッチすれば完成です
スポンサーサイト
2008.04.20 Sun l タイイング l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
つりまるさん、こんばんは^^
いつもながら、繊細な感じで巻いてますね!
つりまるさんのフライは、緻密な感じがしますね。
一方、僕のは大雑把な感じ…よく言えばファジーですかね?^^;

プードルは、管釣りでは試してみましたが、渓流では試していません。
次回の釣行で、使い方を教えてください^^
2008.04.21 Mon l しげ. URL l 編集
No title
しげさん、おはようございますi-179フライ作成は人それぞれですので、私のは、参考程度でお願いしますi-236これからも、色々載せます。プードルは最初に玉を作る方が綺麗に巻けることが分かりました。玉の上でフィニッシュして最後にハックルを付ける方法です。試してくださいi-185次回の釣りに使用するつもりです。
2008.04.22 Tue l つりまる. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://turi3kiti355.blog45.fc2.com/tb.php/7-3401638b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。