上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
里川へアマゴを釣りに出かけて来ました。気温が上昇し、水生昆虫の飛び始める時間を見越して5時頃出発することにしました。現地に着き、渓流へ降り立ちしばらく釣り上がりますが、全く反応がありません。川を上がり、道路をしばらく歩いてから降りて釣りをしてみると元気なアマゴが飛び出してきました。
2009 4 24 turi1
緩やかな泡の出ている瀬のポイントです。ティペットを長くし、遠目からアプローチしたのが良かったのかもしれません。近づいたら釣れなかったでしょう。
2009 4 24 turi2
小さいですが、嬉しい1尾です。この様な瀬か石の上流に魚がついているみたい。
2009 4 24 turi3
わかり難いですが、写真中央の沈み石上からドライに出てきました。ここまで来るとかなりのボサです。何回かフライを枝に取られました。操作が難しいです。
2009 4 24 turi4
前回より大きめのアマゴです。お昼近くなってきたので、一旦川をあがり、飯を食べてから思い切って下流に移動しました。民家も多く、川の水もあまりよくありません。そんな中ライズを発見しました。
2009 4 24 turi5
最初はアカマダラ色のフライを使用していたのですが、全然反応がなかったので、シロハラの様な色に替えたら1発で釣れました。目先を変えたのが効いたのでしょうか。
2009 4 24 turi6
斑点が明確に出ている固体です。流れのあるポイントにいた魚でしたので引きも楽しめました
2009 4 24 turi7
この後、場所を移動しました。着いた所は水温が低い様子。それでも、きれいなアマゴが釣れた。
2009 4 24 turi8
浅い場所ですが、このサイズはいるのですね。この日はサイズが全体的に小さめでしたが良かったです
スポンサーサイト
2009.04.24 Fri l 釣行記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今回は、春も浅く寒いため、標高の低い所、気温、水温等を考えて行先を決定しました。本来なら高速を含め数時間で釣り始めるのですが、最初に着いた場所に水が無かったので2~3か所廻るハメに。しかし、これはこれで楽しかったです。ようやく探しあてた渓流は水深もあり、カゲロウがいて期待がもてます。時間は10時半を回っていました。
2009 4 3 turi1
写真ポイント下流のプールでヤマメがライズしてました。手を替え、品を替えフライを試してみたが全く歯が立ちません。ライズ狙いは難しいです。自分の好きな釣り上がりのスタイルにしました。数十m行かないうちに魚信がありました。久々のやり取りです。
つりまる
放流ヤマメですが、前回釣れなかったので感動です。
2009 4 3 turi3
緩やかな瀬で出ました。ヤマメにまだ体力がないのか、いるポイントは流れのきつくない場所でした。次々にアタリがあります。魚影は濃いみたい。イワナも顔を出しました。
つりまる
ボサ川なので10フィート前後のシステムです。私にはこの様な場所でロングなシステムを使いこなすことが難しいです。やり繰りしているうちにヤマメが釣れました。
つりまる
堰のような溜まりのポイントでイワナが釣れました。グングン引く魚です。イワナは身を隠そうとするので楽しめます。
つりまる
今回は苦労することもありましたが、発見もできて良かったです
2009.04.03 Fri l 釣行記 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。