上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
友人であるおちゃさんと今年の釣り納めをするため、群馬フィッシングセンター中之沢に行ってきました。また、フライを最近始めたおちゃさんのお父さんにキャスティングを教えてほしいとの依頼も受けました。私の下手な腕でコーチするのはいささか不安ですが。
nakano.jpg
中之沢は広くはないが、水もクリアで環境はいいです。ソバが美味しいらしく、釣りをしないで食べにくるお客さんもいました。活性をみるためと、おちゃさんのお父さんのキャスティングを観察する目的でマーカーを付けずにGランナーをセットしました。お父さんのキャスティングをみると手首の使い過ぎてロッドを振り回している感じです。それを直してもらうと段々上手くなっていきました。
nakano3.jpg
フライフィッシングも様になってきました。釣りはベテランです。
nakano2.jpg
おちゃさんです。親子共々釣りが上手いフライキャスティングの基礎はマスターしてもらったので、私も釣りを始めました。水温が低く茶系のマラブーではあたりがイマイチだったので、低温で効果のある蛍光ピンクのオクトパスマーカーでやってみると釣れるようになりました。
nakano4.jpg
大きいイワナです。このサイズが渓流で釣れればなぁ。お昼になったので皆で囲ってラーメンを食べました。
nakano6.jpg
プリムスウルトラバーナーです。火力がかなりあります。上に乗っているクッカーがスノーピークの極チタン。熱伝導率はよくないが、金属臭がないのでコーヒーが旨いです。ラーメン1人前のお湯が沸かせます。外で食べるラーメンはうまい。お腹も満たしたので、釣りを再開しました。会社の友人同僚も子連れで来ています。
nakano5.jpg
こちらも子供の面倒みのいいお父さんですフライでたくさん魚を釣っていました。20mくらい飛ばすとアタリが非常に良くなります。
nakano7.jpg
ここはヤシオマスも放流されているので、また来てみたい場所です。来年の釣りを約束しておちゃさん親子は午前中で帰りました。私は同僚と最後までいましたがとても楽しめました。皆様、来年も宜しくお願いします。

スポンサーサイト
2008.12.27 Sat l 釣行記 l COM(8) TB(0) l top ▲

YGL

久しぶりに午後から休みが取れる事になり、仲間と釣りに行きました。最初はフィッシングフィールド川越に行こうとしましたが木曜日休日のため相談した結果、寄居のYGLへ向かいました。ここで釣りをするのは何年かぶりです。
2008 12 4 turi1
マラブーフライをセットして始めてみても中々アタリがありません。しげさんも同様でした。
2008 12 4 turi3
私たちを横目に1投1匹で釣りあげるベテランがいました。よく見てみると赤いファールドリーダーの様なものでラインをターンさせ、動きの変化であたりを取っているみたいでした。また、この日は1000匹放流したので、ペレット風のフライがよいと考え、マエストロで買ったオクトパスに換えキャストしました。するとアタリが出始めました
2008 12 4 turi2
快調に釣り上げていきます。すると1匹のネコが近寄ってきて魚の口からフライを外そうとした瞬間に針ごと奪っていきました凄いパワーです。バッキングラインまで引き出す大物が釣れてしまいましたしかし、店の人の協力でフライを外してもらいました。フライも飲まれませんでした。一安心です。なんていう生きるための野生の強かさでしょう。感服しました。
2008 12 4 turi4
しげさんもオクトパスにかえ、調子が上がってきたみたい私も釣れなくなってきたので場所を移動しました。手を変え品を変え移動することも重要だと思います。
2008 12 4 turi5
ここの魚は引きがいいです。また、来たいと思います。今回感じたことはつれる人には理由があると思いました。フライのセレクト、システムなど戦略です。だからこそ、釣りは飽きません。楽しい趣味です
2008.12.04 Thu l 釣行記 l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。