上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
秋の紅葉シーズンになりました。そこで、たまにはボートから木葉の色付きを見たいと思い、友達と大尻沼へ行ってきました。現地では予想通り寒く、厚着をしなければならないほどです。竿を2本持っていき、それにシンキングラインのタイプ3をセットして船に乗り込みました。
oojiri1.jpg
景色を眺めながら水の上を見てみると結構魚は上の方にいることが解りました。これはタイプ1かなと思いつつ、目的の場所まで移動です。目的の場所まで着き、しばらくはラインを変えないままで釣っていました。友達はさらに沈めることが早いタイプ4でした。暫くして岸際で釣っていた人に連続ヒットラインはタイプ1の様子。それを見てフローティングの引っ張りでやってみようと思いました。
oojiri2.jpg
私のキャスティングを撮って貰いましたしかし、このラインだとアタリがわかり難いのか全然釣れません。また、ニジマスは回遊魚で、コースや水深を把握しないと釣れません。考えた結果、他の人が釣れている岸際にもう一つの竿にタイプ1をセットし、移動することにしました。予想通り移動した途端にヒットです
oojiri3.jpg
アベレージサイズのニジマスです。フライは茶色のマラブー。茶色、オリーブ系はとても良くヒットするカラーです。友人にはなかなか釣れません。狙っている層の違いだと思います。昼食をとり、再度同じところへ戻りました。フライをオリーブのビーズヘッドマラブーに変更し、キャスト。ユックリラインを引いていると大きな感触が手にきました。寄せてみると結構大きな魚です
oojiri4.jpg
漸く友人にも釣れました。私にもこの日、最大のニジマスが掛ました。感動です
oojiri5.jpg
40cm位ですが、幅広で引きも強く楽しめました。シーズン中は渓流だけですが、オフは湖もいいものです
スポンサーサイト
2008.10.18 Sat l 釣行記 l COM(2) TB(0) l top ▲
管理釣り場の季節になりました。そこで、今回は結構釣れるフライをご紹介いたします。
RIMG0001.jpg
マラブーを適量取り付けます。多すぎに注意。動かなくなります。
RIMG0002.jpg
シールスファーをユルユルでダビングします。水に入った時に気泡を帯びて非常によくなります。
RIMG0003.jpg
ダビングブラシで均一にして、ファーを立たせます。
RIMG0004.jpg
ここまででも十分釣れますが、更に効果を発揮するためにクートをフロントにつけます。水中での動きが素晴らしい!
RIMG0005.jpg
1、2回転で止めます。回転数が多いと効果減少です。フィニッシュして完成です。如何ですか。釣れそうな雰囲気でしょう。試してください
2008.10.12 Sun l タイイング l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。