上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
当初は新潟の渓流に行く予定でしたが、前日に大雨が降ったみたいなので群馬の源流域に向かいました。しかし、上空に寒気が入ってきているので今回は気温が低い。急な低温で活性が低くなるのではと思いながら車を走らせました。ここは、前年に友人がクマにあった場所です。途中のコンビニで花火を買って、あった場合動物をビビらせる作戦です。まあ、あわないと思いますが、小心ものなので・・・。現地に着いてみるとやはり寒い。カッパを着て暑くないくらいです。
2008 8 22 turi1
こんな素晴らしい渓流です。写真と場所は違いますが、朝一番の場所でイキナリ大物がきました
2008 8 22 turi2
泣尺岩魚です。でも、感激しました小さなネットに収まりません。
2008 8 22 turi3
別のアングルからです。小さなイワナとは全然違います。
2008 8 22 turi4
この様な素晴らしい渓相です。しかし、数キロ先に滝があるのですが反応あったのは数回で、釣れた数はネットから脱走した1尾のみです。やはり気温が低いからかな?滝は巻けないので、林道に上がってみると前から餌釣りの人がやってきました。釣果を聞いてみると小さいのしか釣れないとのこと。やはり私の前に先行者がいた。なるほど、鈍い訳です。この先の支流から本流へ入り数100m釣り上がりましたが、アベレージサイズ2尾釣れました。しかし、これらもネットから脱走!今日はこのパターンです。時間も無くなってきたので、川を上がり車止めからイブを楽しもうと思い帰りました。そこから降りてつり上がりました。反応はあるものの、魚はUターンしていきます。使っていたのはパラシュート。試しにソラックスダンに換えたところ1発でした。フライが水生昆虫に近いシルエットだからでしょうか。考えさせられます。今回は渋かったですが、朝に大物が釣れて良かったです
スポンサーサイト
2008.08.22 Fri l 釣行記 l COM(6) TB(0) l top ▲
沢登で有名な群馬の渓流に行って来ました。速乾性のスパッツ、ズボンを履き、源流親爺の釣り日記の管理人クラさん、おちゃだの独り言のおちゃさんとの釣りです。車止めに着いたのは、3時頃で明るくなるまでお喋りしていました。5時から林道を歩き始め、約50分歩いた場所から結構急な斜面を降りました。ベテランの人が居ると本当に助かります。一人では釣りを諦めたでしょう。川におりてみると巨大な岩があり、素晴らしい渓相です
2008 8 9 turi1
この写真の上の瀬で、いわなが針掛しましたが途中でフライから切れて逃げられました。結び目はシッカリ確認した方がよいです。反省しました。
2008 8 9 turi2
ルアーのセットをするおちゃさん。下着も速乾性なので、おちゃさんは水浴びを楽しんでいました
2008 8 9 turi3
餌を付けるクラさん。入った場所の近くの滝で2尾釣った様子。流石ですこの後が続きません。いわなは寝ているみたい。
2008 8 9 turi4
2008 8 9 turi5
岩の上のおちゃさん、クラさん。クリアな水色の川に来ただけでも感動です。お昼近くになったので、広い場所を見付けお食事タイム。おちゃさんは素麺、クラさんは炊き込みご飯を用意しました。大変美味しかったです。ありがとうございますm(__)m自然の中でないと味わえないものでした食事後、暫く反応がありませんでしたが、ついに釣り上げました。
2008 8 9 turi6
アベレージサイズのイワナです。細かったですが引きは良かったです。この先は巻けないゴルジュになっていたので、上がり支流へ向かいました。本流よりは水量はないですが、フライ向きな渓流です。
2008 8 9 turi7
上流に行くと開けていて釣り易かったです。ここでおちゃさんが元気なイワナを釣りました。
2008 8 9 turi9
夕方近くになってきたので退渓しました。今回はケガもなく、無事に過ごせたのでよかったです。何より、仲間がいて安心です。1人では得られないものが沢山ありました。おちゃさん、クラさんありがとうございました。

2008.08.09 Sat l 釣行記 l COM(3) TB(0) l top ▲
今回は久し振りに釣り友人であるFlyfishing from Mt.Pigeons!の管理人しげさんと釣りに行って来ました。最初に着いた場所は川を通り越し、山を上った先にある渓流です。藪をかき分け、尾根を登り下りして相当疲れ果てました。2008 8 1 turi1
このポイントで魚が走るのが見えたので、これはいけるのではと思いましたが後が続きません。100m位釣りましたがダメでした。水色もなんとなく良くなく赤い石があります。しげさんによるとこんな場所は釣れないとのこと。堰堤も見えたので引き返すことになりなした。また、あの上り坂を行くのか・・・。P8010027.jpg
ふー疲れた。しげさん、写真を提供ありがとうございますm(__)m車に帰り、一路2番目の渓流を目指します。この場所は、背丈以上もある草を払いのけ漸く着くのです。
RIMG0003.jpg
用意をするしげさん夏のスタイルです。水もよくつれそうです。
2008 81turi2
結構な藪沢です。ショートリーダーをセットして釣り上がります。木が覆い被さったポイントで良い型のヤマメをしげさんが上げました。私はイワナをフッキングしましたが、ドラグが掛っていたのか食いが浅く、ばれてしまいました。この後、大きいのが見に来ましたがのりません。しげさんも同様でした。ここは諦め、水量が豊富で大きいサイズの期待がもてる川へ移動しました。その時点で16時頃。イブニングタイムです。マウンテンバイクで二手に分かれ、渓流に降り立ちました。早速の反応です。
2008 8 1 turi3
アベレージサイズ。同じ場所で、ポンポン釣れます
2008 8 1 turi4
綺麗なイワナ。水流があるため良く引きます。
2008 8 1 turi5
太いイワナ。駆け引きが楽しい。しげさんは一度デカフライで見にきた魚をサイズを落したフライでしとめたとか。小さいサイズも有効な場合があります。参考になりました今回は歩く釣りで大変疲れましたが満足な結果です。しげさん、1日お付き合いありがとうございました。
2008.08.01 Fri l 釣行記 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。