上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ソラックスダンの紹介です。今回は14番の針でしたが、私は16~12番まで用意し、状況に合わせて色、サイズ等を使い分けています。
sorakkusu1.jpg
まず、テイルの取り付けです。取り付ける前にスレッドで下巻きしますが、ホワイトワックスを塗っておくとマテリアルの止まり具合が全然違います。お勧め。ここでは、ムースのボディヘアを使用して、長さはシャンクと同等にします。
sorakkusu2.jpg
つぎに、CDCを2枚用意し、ティップの部分を裏同士に合わせウイングを立てて、カーブしたハサミでライターの火のように整形します。ウイングの長さはシャンクと同じにします。sorakkusu3.jpg
ボディを巻く前にスレッドでテイルをタスキ掛けし、シッカリと分けてください。ボディ(ここではタン。)を巻き、ハックルの先端をギザギザにして取り付けます。こうするとハックルが抜け落ちることがなくなります。
Sorakkusu4
ハックルをウイングの前後に5回転位巻きつけ、下側をVカットしたら完成です。このフライは春から大変よく釣れるので常用しています。
スポンサーサイト
2008.03.30 Sun l タイイング l COM(2) TB(0) l top ▲
私のフライボックスを公開します大したものではないですが、順次この中からタイイングを紹介していくつもりです
furainbox1.jpg

上の写真は主に早期から使用するソラックスダン、CDCダン、パラシュート、ニンフなどが入っています
firaibox2.jpg
次に5月以降によく使うフライをクリアケースに納めました。暑くなるとエルクヘアーカディス、ハンピー、ビートル、アントなどの出番が回ってきますこれらも順次公開する予定です
ボックスの中には大変よく釣れるマエストロエルクマエストロパラダンも入っています。購入はマエストロでお願いします。
2008.03.29 Sat l フライフィッシングの小物 l COM(0) TB(0) l top ▲
フライフィッシングの釣行記やタイイングを紹介するブログを始めました。宜しくお願いします。
早速ですが、3月21日にいつもお世話になっているフライフィッシングショップのマエストロの店長及びよく来店する方2人と私4人で吾妻水系の川へ行ってきました。 こんな場所です。 
   2008 3 21 simann2
早速、仲間の一人が釣り上がりました。チョッとしたヒラキで、20cm位のヤマメを1匹釣り上げました。この川には魚がいそうですそしてわたしの番です。いくつかのポイントを打っていきますが、なかなか出ません店長に教えてもらいながら大きな石の流れを攻めてみました。でも、ダメなので通り過ぎようとしたところ、「石の裏もやってみて。」と店長の言う通りにしたら出ましたやはりベテランです写真中央の場所からです。2008 3 21 simann1
綺麗なヤマメで大満足ですもう一人の仲間も仲良く釣上げ、別の川に移動しました。他の川に到着しました。この川は、利根川水系の支流ですが、降りてみると少し匂います集落が近いのか、排水が混じっているようです。ですが虫は沢山ハッチしてました2008 3 21 mumao
みんなで交互に釣ります。なんどもヤマメが顔を出しますが乗りません。魚は凄く濃いですがチビだけです。どうやら大きいのは持って帰られたかすれたようです。その中で仲間の一人が20cm弱を上げました。流石です
今回使用したロッドはシュミットプロハンター3番で、この竿はピンスポットにフライを打ち込むことが出来るので、私のお気に入りですフライは、ソラックスダンで大変よく釣れます。私の友人もとてもよく使っています。
2008.03.21 Fri l 釣行記 l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。